埼玉で入学できる通信制高校について

生徒が自らのペースで勉強に取り組めるのが魅力

生徒が自らのペースで勉強に取り組めるのが魅力 / 埼玉には入学できる学校の選択肢が豊富にあります / 同じような悩みを抱えていたり気の合う人と出会える可能性があります

通信制高校といえば生徒が自らのペースで勉強に取り組めるのが魅力で、全日制の通学を苦手としている人でも教育の機会を得たり興味のあることに挑戦できます。
今や全国に学校がありますし、選択する人も珍しくない時代ですが、まだまだ学校数や生徒数は増加傾向の途上で、埼玉も例外ではなく同様です。
埼玉にある通信制高校は、サポート校を含めると少なくとも30校以上で、独自性があるコースを用意している学校も多いです。
また県外からでも入学できたり、全国47都道府県全てに対応している学校もあるほどです。
50箇所や100箇所ものキャンパスを持つ学校も存在するので、改めて対応範囲が広くて規模も大きいことが窺えます。
家庭教師や個別教室の塾も通信制の高校運営に参入していますし、全国で指導してきた経験とノウハウを活かし、学校運営でも強みを発揮しています。
例えば通学だけでなく在宅やネット学習を選べたり、進路に合わせて選択できるカリキュラムが用意されているなどです。
イベントや部活動までありますが、参加は自由で強制ではないですから、人付き合いが苦手な人でも安心です。
生徒の自主性を尊重しつつ必要なサポートを提供しているので、98%以上と高水準の卒業率を叩き出すことに成功しています。
登校するスクーリングは年に20日程度と負担が少なく、最寄りの連携高校の指定の場所に足を運ぶ形ですから、通学の負担を大きく感じる人でも大丈夫です。
勿論スクーリングは宿泊なしの日帰りですし、集団が苦手なら個別対応も可能なので、卒業を在学途中で諦めずに済みます。
服装などの規定は特になく、それでいてクラブ活動やイベント学校行事は充実していますから、かなり自由度が高くて理想的な高校だといえるでしょう。

通信制高校を選ぶ生徒は微増。


中学卒業生、高校等への進学率は99.1% 県教育局が調査速報を発表 全日制へは減、通信制など増 | 2020/8/12 - 埼玉新聞 https://t.co/YBEUWiBagh

— いっぺこっぺ通信@通信制高校研究家 (@ippecoppe_blog) August 13, 2020